読み物

赤ちゃんの皮膚は大人に比べて薄く、とてもデリケートです。赤ちゃんはよだれや汗などで顔が汚れやすく、肌に炎症が起きやすいのが特徴です。通常であれば、生後1年・2年と経てば、症状は自然とおさまっていきます。しかし、顔だけでなく頭皮など皮脂が多い場所はなかなか治らないことがあります。このような場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。それでは、具体的に赤ちゃんの皮膚の状態や、乳児の脂漏性湿疹の症状、治し方について紹介していきます。

(さらに…)

薬剤師 久保木

記事は薬剤師の久保木が監修しています。薬剤師の資格の他に料理が大好きということもあり、国際中医薬膳師の資格と調理師免許の資格も持っています。
お困りのことなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

KADASONスカルプシャンプー
KADASONボディーソープ