読み物

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄く、少しの刺激にも敏感です。また、赤ちゃんの肌トラブルの中でもとくに多いのが脂漏性皮膚炎です。しかし、赤ちゃんが脂漏性皮膚炎と診断されても、どのようなスキンケアが必要なのかわからない方も多いでしょう。そこで今回は、赤ちゃんが脂漏性皮膚炎にかかった場合のスキンケア方法についてご紹介します。

(さらに…)

赤ちゃんの肌といえば、やわらかくてモチモチしているというイメージがあるでしょう。しかし、赤ちゃんの肌トラブルに悩む方は意外にも多いというのをご存じでしょうか。そもそも赤ちゃんの肌の厚さは、0.02mmほどしかありません。大人が2mmですのでどれだけ薄いかということがわかるでしょう。

また体温も大人に比べて高く、新陳代謝が活発であるため汗をよくかきます。さらに、額や鼻などは皮脂の分泌量は、生まれてから2ヶ月位までの間が特に多いといわれています。そのため、この時期に乳児脂漏性皮膚炎などを起こしやすくなるのです。

肌トラブルは脂漏性皮膚炎の他にも、あせも、アトピー性皮膚炎などいろいろな病気をおこします。今回は、その中でもあせもと脂漏性皮膚炎についてご紹介します。

(さらに…)

赤ちゃんの皮膚は大人に比べて薄く、とてもデリケートです。赤ちゃんはよだれや汗などで顔が汚れやすく、肌に炎症が起きやすいのが特徴です。通常であれば、生後1年・2年と経てば、症状は自然とおさまっていきます。しかし、顔だけでなく頭皮など皮脂が多い場所はなかなか治らないことがあります。このような場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。それでは、具体的に赤ちゃんの皮膚の状態や、乳児の脂漏性湿疹の症状、治し方について紹介していきます。

(さらに…)