読み物

KADASON薬剤師が教えるステロイド剤の正しい使い方

2020.1.9

脂漏性皮膚炎悪化の原因はステロイド剤の使い方に問題がある可能性が・・・
脂漏性皮膚炎と診断されてまず病院から処方される薬はステロイド剤と抗真菌薬のニゾラール(ケトコナゾール)だと思います。お客様からのお問い合わせで「ステロイド剤を使って症状が悪化した」「ステロイド剤を使っても全然効果がない」と多く寄せられています。今回の内容は同じようなお悩みをお持ちの方に読んでもらい、正しくステロイド剤を使い、症状を軽減させていきましょう。

ステロイド剤の効果・副作用をまずは知ろう!

ステロイド剤をかゆみ止と思って使っている方はいませんか?実はステロイド剤は直接的にかゆみを抑える薬ではなく、あくまでも炎症を抑えるお薬なのです。炎症を抑える事でかゆみを間接的に和らげる効果が期待できます。なのでかゆい時だけ使っている方、かゆみが強く1日に何回も使っている人は効果を実感しずらく、時には症状を悪化させる原因になっている事があります。弊社ではかゆみがひどい方には内服のかゆみ止めをお勧めしています。服用していない人は通院中の先生にお話していただくか、またはドラッグストアーで医療用と同じアレグラ錠が購入できますので市販薬でお探しの方はお勧めです。
次に気になるのはステロイド剤の副作用だと思います。外用薬の代表的な副作用は毛嚢炎、皮膚萎縮、ざ瘡用発疹、ステロイド過敏、ステロイド性酒さがあります。しかし副作用が起こる確率は全体の三%前後と言われているのでむやみに長期間、大量に使わない限りは基本的には副作用は起きないのです。

自分の使っているステロイド剤の強さを知ろう!

ステロイド剤には5段階のランクがあります。強いものから順番にStronges,VeryStorng,Strong,Medium,Weekとなります。
使っても良くならない人はもしかすると自分の症状にステロイド剤の強さが合っていない場合があります。その場合は以下に代表的なステロイド剤の一覧を作ったので先生と話す時に参考にしてみてください。逆にStrongesを使っていても効果がなく慢性的に使っている方は副作用のリスクが高まる恐れがあるので注意が必要です。一覧に書いてない場合はお使いのステロイド剤がジェネリック医薬品の場合(名前が先発品と異なる)がございますので直接KADASONにお問い合わせください。
※各分類内の順序は強弱とは関係ありません。

Stronges(最も強い)

■デルモベート軟膏・クリーム
■ソルベガ軟膏・クリーム
■ジフラール軟膏・クリーム
■ダイアコート軟膏・クリーム

VeryStrong(とっても強い)

■フルメタ軟膏・クリーム・ローション
■アンテベート軟膏・クリーム・ローション
■トプシム軟膏・クリーム・ローション・スプレー
■シマロン軟膏・クリーム・ゲル
■リンデロンDP軟膏・クリーム・ゾル
■マイザー軟膏・クリーム
■ビスダーム軟膏・クリーム
■ネリゾナ軟膏・クリーム・ソリューション
■テクスメテン軟膏・クリーム
■パンデム軟膏・クリーム・ローション

Strong(強い)

■エクラー軟膏・クリーム・ローション
■メサデルム軟膏・クリーム
■ザルックス軟膏・クリーム
■ボアラ軟膏・クリーム
■アドコルチン軟膏・クリーム
■リンデロンV軟膏・クリーム・ローション
■ベトネベート軟膏・クリーム
■プロパデルム軟膏・クリーム
■フルコート軟膏・クリーム・スプレー

Medium(中間)

■リドメックス軟膏・クリーム・ローション
■ケナコルトA軟膏・クリーム
■レダコート軟膏・クリーム
■アルメタ軟膏
■キンダベート軟膏
■ロコイド軟膏・クリーム

Week(弱い)

■オイラゾンD軟膏・クリーム
■プレドニゾロン軟膏・クリーム

【重要】ステロイド剤の使い方

使用回数は基本的に1日1〜2回程度

添付文章上は使用回数が1日1〜数回になっていますが、多くの医師の処方箋では1日1〜2回で処方されている事が多いです。かゆい時に頻繁に塗ってしまっている方はまずは使用回数を見直してください。医師の指示どおりの回数を使い症状が治まらない場合はお使いのステロイド剤が合っていない事が考えられます。またかゆみが強い時はかゆみ止めの内服薬を併用しましょう。

塗る量はFTU(フィンガーチップユニット)を参考に

ステロイド外用薬の場合、薬の効果をしっかり得るために塗る分量の目安としてFTU(フィンガーチップユニット)と呼ばれる単位が使われています。FTUは大人の人差し指の先から第一関節まで薬を乗せた量で、チューブタイプ(口径が5mm程度)の軟膏やクリームでは、1FTU=約0.5gに相当します。1FTU(約0.5g)は、大人の手のひら2枚分の面積(体表面積の約2%)に塗るのに適した分量の目安になります。ご自身の患部の広さを見てFTUを参考に塗りましょう。

塗る際は絶対に擦らない

薬局勤務時代にステロイド剤で症状が悪化してしまった人の多くは塗る際に患部をゴシゴシこすりながら薬を塗り込んでしまっている方に多く見られました。擦る事で刺激になりますので、絶対に塗る際は擦らないようにしましょう。

ステロイド剤をやめる際に急にやめると症状がぶり返しやすくなる

ステロイド剤はリバウンド現象と呼ばれる、急に使用をやめると症状がぶり返す特徴があります。まず炎症がある際は医師に決められた回数を毎日使いましょう。そして症状が落ち着いてきたらすぐにやめるのではなく、まずは使用回数を2回から1回に減らし、更に良くなったら、1日置き、2日置きと使用間隔を徐々に開け使用をやめる事が必要です。症状があるにも関わらず塗ったり、塗らなかったりしている方は症状が治りにくく、この事がステロイド剤の慢性化使用に繋がり、副作用が起きるリスクに繋がります。

最後に

なるべくステロイド剤を使いたくないと考えられている方は多いと思いますが、正しい知識を身に着け、上手に使えればステロイド剤は症状改善の手助けになるはずです。今回記載した内容は一般的な考えで人それぞれ皮膚の状況は異なると思います。使用中のお薬、脂漏性皮膚炎の症状、生活習慣の相談等、気になる事がありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
スタッフ一同心より皆様の症状が良くなる事を願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薬剤師 久保木

記事は薬剤師の久保木が監修しています。薬剤師の資格の他に料理が大好きということもあり、国際中医薬膳師の資格と調理師免許の資格も持っています。
お困りのことなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

KADASONスカルプシャンプー
KADASONボディーソープ